Danielle Carter

INDICA LABS ALL-IN-ONE スターターキット

ALL-IN-ONE スターターキット ~がん微小環境下におけるFFPE解析に最適な選択~ 弊社のソフトウェアHALOと3モジュールで、明視野/蛍光 空間分析が行えます。 明視野:HALO、Multiplex IHC、Tissue Classifier、Spatial Analysis 蛍光:HALO、Highplex IHC、Tissue Classifier、Spatial Analysis 本スターターキットにより、多種多重染色のバーチャル画像を用いて、細胞カウント、組織分類、空間二次分析が可能となり、通常の明視野/蛍光サンプルにおいて、カウントを行い、別アプリケーションに対して臓器ごとに設定を作成することもできます。また、Classifierを用いてさまざまな用途に応用可能となります(例:腫瘍部、間質への組織分類)。さらにモジュールを増やすことで、明視野&蛍光の両方に対応可能、蛍光画像化の重ね合わせ処理も可能となります。各社マルチプレックス、および全画像フォーマットにも対応しております!詳しい内容にご興味がある場合は、japan@indicalab.comまでお問い合わせください。 以下の情報を入力する際は、Google Chrome を使用することをお勧めします。 サポートが必要な場合は、marketing@indialab.com にメールでお問い合わせください。Please enable JavaScript in your browser to complete

INDICA LABS ALL-IN-ONE スターターキット Read More »

CRISPR-Cas9 gene editing of hepatitis B virus in chronically infected humanized mice

Daniel Stone,et al, Molecular Therapy Methods & Clinical Development, 2021
Hepatitis B leads to over 850,000 deaths annually due to complications from chronic infection including cirrhosis and hepatocellular carcinoma. While antiviral drugs successfully reduce viral loads in patients, a cure does not yet exist. This study out of the Jerome laboratory at the Fred Hutchinson Cancer Research Center performed in vivo gene editing utilizing a mouse model for chronic HBV infections and demonstrated a proof-of-concept of safe and effective gene editing of the genomic form responsible for replication and persistence. This study utilized the HALO Link image management platform in conjunction with image acquisition on a Leica Biosystems Aperio VERSA 200 slide scanner for their RNAscope studies of Cas9 and HBV.

CRISPR-Cas9 gene editing of hepatitis B virus in chronically infected humanized mice Read More »

Scroll to Top